たるみの原因とメモリッチにできること

肌にハリのある女性

 

メモリッチは直接的に目の下のたるみを解消することはできませんが、ハリを与えることで目立ちにくくすることならできるかもしれません。
まずは目の下がたるむ原因を知っておいて、どの程度メモリッチが使えるか想像してみましょう。

 


目の下のたるみの原因は?

目の下がたるむ原因は、大きく分けて5つあります。

  1. 加齢による変化
  2. 目の周りの筋肉の疲れ
  3. 紫外線ダメージの蓄積
  4. 眼球を支える筋肉の衰え
  5. 皮膚の刺激

 

1.加齢による変化

年齢を重ねると、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸が減少していきます。
その理由は、コラーゲンやヒアルロン酸を作っていた線維芽細胞(せんいがさいぼう)が減ってしまうことと、線維芽細胞の働き自体も低下していくからです。

 

肌のハリや弾力に必要なコラーゲン、みずみずしさを保つヒアルロン酸が減少することで、目の下にたるみが出てきます。

 

2.目周りの筋肉が疲れている

生活習慣もたるむ原因の1つです。

 

パソコンやスマホの画面を見る時間が多い

目の周りの筋肉が硬くなる

血管を圧迫し、血流が悪くなる

疲労物質が溜まる、新陳代謝が衰える

老廃物がたまる

目の下がたるむ

 

どうしてもパソコンやスマホを使わないといけないなら、こまめに目を休ませることを意識しましょう。

 

3.紫外線ダメージの蓄積

紫外線A波は、線維芽細胞にダメージを与え、ヒアルロン酸やコラーゲン不足の原因に。
紫外線B波は、肌のバリア機能を弱らせ、肌が乾燥しやすくなります。水分が減った肌はハリを失ってたるんでいきます。

 

UVケアをしている人は多いと思いますが、夏だけ念入りにしていてもダメで、冬もきちんとケアすることが大切です。
また家の中にいてもA波は窓やカーテンをすり抜けるので、知らず知らずのうちに紫外線を浴びていることもあります。

 

4.眼球を支える筋肉の衰え

眼球は筋肉によって支えられています。ですが、加齢とともにその筋肉の力はだんだんと弱くなるそうです。

 

支える力が弱くなると、眼球が重みで下がり、下にあった脂肪が前に押し出されます。その状態がたるみに見えるのです。
筋肉の衰えは目を酷使することで加速します。

 

5.皮膚の刺激

アイメイクは皮膚にとっては刺激です。皮膚を引っ張る動作、メイク用品の成分、クレンジングなど、肌を刺激すると、水分やハリを失い、たるみの原因になります。

 

目の周りのマッサージも力を入れると逆効果になるので注意しないといけません。
また、コンタクトレンズの装着、取り外しの時も皮膚を引っ張るのでたるみの原因になるそうです。

メモリッチはハリと弾力をつくって目立ちにくくする

メモリッチは肌に浸透しやすいアイクリームですが、配合されているコラーゲンやヒアルロン酸は真皮までは届きません。だからたるみを根本的に解消することはできないのです。

 

では、まったく意味がないかというとそうでもありません。メモリッチは保湿力が高く、ハリと弾力を与えるアイクリームです。
ビタミンC誘導体と独自成分

 

肌の乾燥はたるみを加速させます。朝夜2回のメモリッチで肌の潤いを持続させ、水分を逃がさないようにブロック。

 

保湿と肌バリアのイメージ

 

さらに目の周り全体的にハリと弾力を持たせることで、たるみを目立ちにくくします。
クリームを軽い力でマッサージするように塗れば、皮膚に摩擦を起こさず血行改善も期待できますよ。

 

肌の乾燥が原因で皮膚がたるんでいる場合もありますが、複数の原因が重なっていることも多く、メモリッチは補助的な役割です。

 

アイクリームは真皮まで届かないからと敬遠する人もいますが、乾燥を防がないとたるみは酷くなるばかり。
普通の化粧水やクリームでカバーするのもいいですが、目もと用に刺激や浸透性を考えて作られたアイクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

目の下のたるみにメモリッチができることのまとめ

メモリッチが直接たるみを解消するわけではありませんが、原因が肌の乾燥ならメモリッチはいい仕事をしてくれます。

 

年齢を重ねるごとに原因は乾燥だけではなくなります。そんな時に保湿ができていない肌だとどうなるでしょうか。

 

ハリのある肌とない肌の違い

 

表皮で最も外側にある角質層でガードしておくのも、大事なたるみケアの1つなのです。

メモリッチを最安値で買うための選び方

「1回限りの単品で買いたい」「しっかりケアするために続けて買いたい」
どのようにメモリッチを使うかは人それぞれ。公式サイトだけがお得とは限りません。

メモリッチを最安値で買うための選び方


>>メモリッチの最安値は?楽天・amazon・公式の選び方

TOPへ